明けましておめでとうございます。

31日の夜必死でお節料理を作り上げた夜中12時ギリギリ前、
包丁やらなんやらが散々散らかってるお台所を写真して年末の
最後のご挨拶を書こうかと思ったのですが、皆さまが見られるのは
新年が明けてから。
新年最初のお写真が散らかし写真ではちょいと、だいぶんお恥ずかしいので、
気取ったお写真で始まらせて頂きます。

s-IMG_0303

写真だけが気取っていて、いやはや作り上げるまでは大惨事でおましたよ。
作ってる途中に何回お腹空いた言いますのや子供め~~。
ご飯与えてはお腹空いた~、おいしそう~、味見したい~。

ほんでこぼす。

飾りつけの南天の葉などはウッカリ摘むの忘れていて夜中に庭に摘みに行き、見えへんし枝が目にささる。

ひ~~~~~~!

しかしお一日はいつもより一時間早くの早朝出勤ご主人様、日本のお節料理と京都のお雑煮が大好きで、
また、子供がまだ寝ている間に食べましたので何だか何年かぶり?くらいに夫婦でゆっくり食べながら
ゆっくりお話しができた大変良いお一日の始まりでした。

それからお着物に着替えて、私の母がお嫁入りの時に作ったらしい松の絵が描いてあるピンク色の
羽織にお袖を通し、いや~可愛いわ、きゃっきゃっきゃ。
最近母とのピンクのお着物を着る時の愛言葉、
「今のうちに着とかな、もうすぐ着れんようになるしな~」。
いつまでも小娘気取りだがガッツリな”あらうんど ふぉーてぃ~。

娘心晴(こはる)もお着物で、息子喜千(ゆきち)は韓国の民族衣装ハンボック、
これぞ日韓融合だ、いやしかし日韓の間にも色々ありますから石とか投げられへんかなと思いながら
氏神さんに新年のご挨拶に行きましたが石は投げられることなく無事帰宅致しました。

年末に韓国人と日本人の結婚パーティーに参加させて頂いた際に、中国人の方がスピーチをなされ、
「私は中国人です。色々日本にご迷惑をかけてすいません」、という結婚のお祝いより先に
そんなスピーチの始まりでした。
色んな人種、国民がおりますが平和を願うばかりです。

昨年の私は個展は今年の、

はい、コトシの

大きな声で

今年にある!
東京新宿伊勢丹の個展に向けて作品を貯める年でした。
ジックリ凝った作品を創っていたため数が殆ど増えません。
他には目には見えないことを多く学んだ年でした。
今公開されている”永遠のゼロ”を読んだことから始まり、
次に日系アメリカ人がアメリカに住み、日本人家族と育ちながら見た目は全く日本人しかし
アメリカ人として戦うという分厚い三冊の本を読み上げ、
また自分の親戚が殆どカナダにいることを祖母が他界してからスッカリ疎遠になっていることに気づき、
親戚もまた日系カナディアンとして厳しいその時代を実際乗り越えて来た事実を知り、
またその読んだ本を切っ掛けに親戚の一人と17年振りの再会で約一カ月ほど我が家で過ごして頂きました。
親戚の日本への憧れや、間違ってる色々な知識、家の家紋、家族のルーツ、
またそんなことを聞くのには父は大いに活躍し私と父との関係、父との親戚との絆も大きく変わりました。
神様の話や歴史の話。今戦争が起きたら親戚は日本に銃を向けるのか、色んな深い話を
した結果、父からは神様の歴史について学ぶメールが毎日送られてくるようになりました。

父の立派な工房にある神棚は位置が高く、父は椅子を昇ってでないと水が変えれません。
神棚の方角や高さ色々ありますが、とにかく毎日神様に水を捧ぐことを一日の始まりにしなければと、
年末の31日に高い位置にある神棚をガッスリ外し父の工房にある書斎の拝みやすい位置に移動致しました。
それから自宅のお仏壇の掃除に神棚のお掃除、お墓が近いため年末にお墓の掃除。
神様や先祖に感謝するという気持ちが歳を重ねることに増します。
子育てしてたら、截金してたら、神様掃除するだけで年末終わるやん。
お節作りはキャパシティーギリギリで、
髪の毛逆立つ思いで年が明けました。

また昨年は色んな分野の本を沢山読みました。深く学ぶことの多い本を沢山読み、
年末からは石井好子さんというお歌を歌う方の食べ物に関して綴られてる本を読んでおります。
これがまぁ難しくない本で、
ヨダレが垂れるほどの食いしん坊な本です。
そんな本を毎晩寝る前にちょいと読んでは笑いながら眠りに入る。
ヨダレ垂らして寝ております。

お正月のお休み明けましたら一気に個展に向けて、猛烈に制作の始まりです。

あっついあっつい夏の七月に東京へ参ります。
あと7カ月しかおまへんで!!!!!

かーちゃん大変じゃ!
息子を写真しますのもまた大変で、
こっち向いておくれ~~~。
もうかぁちゃん諦めた。10枚くらい撮ってこれや。

s-IMG_0310

s-IMG_0293

この結びは、昨年から初めております生け花の都未生流の先生がされました。
これ本当に日本の美、和の素晴らしさ奥の深さを感じます。
先生の生けはる生け花が本当に素晴らしく、大変素晴らしく、
わたくし、あれを生けれるようになりましたら截金への表現も凄いことに
なるんちゃいますやろか思っております。
空間への表現、これが私の常の課題です。
たった一輪の花でも抜群に生けれる日が来ましら、
たった一輪のお花を
とても素晴らしく、
温かく、
深く、
胸にしみるような、
お柄を描ける日が来ると信じて、
長い新たな修行が始まっています。

これもまた長いメール新年からお読みくださり有難うございました。

7月お会いできることを心より楽しみにして、
皆様にとってよい年になりますように。

ほんまいつもおおきに。

感謝を込めて。          2014年 1月2日 安川幸聖理